FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

海外での安全対策~在外生活で身を守る基本の3つの考え方~

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
海外で暮らす上では様々な危険が伴います。
病気、犯罪、事件、事故などなど・・・。
青年海外協力隊の訓練では、
そういった様々な危険やそれを防ぐ・被害にあっても軽減する方法を学びます。

「海外の安全対策」と「感染症の基礎知識と対応」という2つの講座を受けました。
病気も事故も事件も、身を守る基本の考え方には3つの共通した考え方があると感じました。

それは、
◇「日本とは違う」という認識をもつこと
◇とにかく予防が大切!
◇自分自身で自分を守る(self defense)

の3点です。

注意

■海外において遭遇する可能性の高いリスク
「病気」、「交通事故」、「犯罪被害」の3つが挙げられるようです。
そして、JICAの分析によると多くが
「日本に居るときと同じような感覚や考え方で行動していたために事件や事故にあった」
という事態が浮かび上がっているようです。

それを踏まえて、共通すると感じる3点の考え方を書いてみます!!


①「日本とは違う」という認識をもつこと
日本人の危機意識は希薄であり、以下の様な日本人の共通点もあるようです。
・自己防衛意識が欠如している
・自意識が過剰(自分は大丈夫だろう)
・自己対策意識が欠如(誰かが何とかしてくれるだろう)
・意識風化が早い

安全、衛生、きめ細かいサービス(特に医療)など、
あらゆる面において日本とは違うということを念頭において予防をしておかないと、
大変なことになってしまうかもしれません・・・。


②とにかく予防が大切!
●感染症予防
予防が最優先!!
予防の国際基準があり、
それを守っていれば感染症にかかるリスクを大きく下げることができます。

例えば、
○生ものは食べない
○虫に刺されない
○ワクチンのある病気はワクチン接種を受ける
○生活管理を行う(体力を落とさない)
など。

●事件・事故予防
「いつ何が起こるか分からない」
という危機感を常に持って行動することが基本!!

その上で、
○正確な情報収集・分析
○危険な場所には立ち入らない
○危険察知能力を身に付ける(人や車の流れ、人の行動などの環境変化から危機を見つける)
○近隣との良好な関係保持に努める(いざという時に頼りになるのは隣人や近隣の知人)
を行うことが、事件や事故に巻き込まれるリスクを低くすることができます。


③自分自身で自分を守る(self defense)
リスクに合わないように予防をして、リスクが実際に起きても軽減する、という考え!!
『自分のことは自分で守る』
という意識で、安全を確保するために自ら工夫努力することが大切です。
●予防する
そのための方法としては、
○情報を集める
○目立たない(服装や装飾品等で高価な印象を与えない)
○行動を予知されない(出勤や退勤時間、ルートの固定化を避ける)
○用心を怠らない(慣れても節目で行動をチェックする習慣をもつ)
などの行動、心がけが挙げられます。

●軽減する
万が一事件に巻き込まれたとき、【無抵抗主義】を貫き通します。
「物」を盗らせて「命」を守る!


考える

■とにかく「イメージ」をすることが大事!!
協力隊として2年間活動する上で、
一度は何かに巻き込まれるという覚悟
は持っていた方が良いのかもしれません・・・。

その上で、極力巻き込まれないためにも、
どのような事が危険なのか、どんな事が起こりうるのか、
万が一巻き込まれたらどう行動をとるのか、
イメージを怠らないことが重要なのかなと感じました。


最後に余談的な話ですが、
バスやタクシーで、皆が乗っていても中年の女性が乗らない車には乗らない方が良いとのこと。
現地の中年の女性は危ない車や運転手を知っているからとのことです。


勉強していてなるほどなーと学びになる内容が盛りだくさんでした。
【無抵抗主義】
という考え方は初めて知ったので、ぜひ覚えておきたいと思います。



参考になれば幸いです!
いつも、お読みいただきありがとうございます!!

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。