FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
34:新年あけましておめでとう by ぶち姐(赤ベコ) on 2014/01/07 at 22:48:03 (コメント編集)

新年あけましておめでとうございます。
任地の年越しはいかがでしたか?

マラウィだけでなく、いろんな国で
民間進出の可能性を探っています。
公文式しかり。ベネッセしかり。
文房具屋さんやらいろいろと。
そのほかいろんな日本の実績。

アフリカやマラウィの現状を
わかりやすい言葉で情報発信してくださることに
感謝。
またおじゃましますね。

今年もよろしくお願いします。


35:Re: 新年あけましておめでとう by 橋本裕保(はしもとゆうほ) on 2014/01/09 at 04:54:50

明けましておめでとうございます。

任地の年越しは、あまり年が明けるという感じがでませんでした。
ただ、日本がとても恋しくなりました。

日本のODAと民間の連携、ぜひとも進めていってほしいと思っています。
まだまだ勉強不足ですが、引き続きブログを通じて発信していきたいと思います!

本年もよろしくお願いいたします。

なぜマラウイの発展は遅い?

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
明けましておめでとうございます!!

昨年からブログを始め、たくさんの方に訪問していただきました。
皆様に読んでいただくことが、ブログを書く大きなモチベ―ションの一つになっています。
いつもありがとうございます。

新年にあたり、ブログのデザインやレイアウトを変更しました。
読みやすさなど、お気づきの点がありましたらお知らせいただけると嬉しいです!!
では、2014年1本目のブログです!

アフリカは発展しないのか?

年末、こんな記事を読みました。
アフリカは発展しないのか?
アフリカが発展しない理由
(上記2つともリンク先は「Chikirinの日記」)

ちきりんさんという、ブログ界では有名な方のブログ記事です。
彼女はアフリカが多くの援助を受けているのに発展しない理由について、
(1)援助の効率が非常に悪い
(2)貧困しか知らない無教育な人に対して、社会秩序、投資道徳の概念を期待(共有)できない
(3)アフリカの指導者の多くが、被害者意識を振りかざし国際社会から援助をもらい、自国民からは搾取を続けている

と、結論付けています
(下線部はHPから引用、抜粋)

マラウイはなぜ発展しないのか?という事を考えてみると、
最近思い当たる点があるので、そのことについて述べていきますね。

自分の頭で考えるということ

マラウイが発展しない大きな理由は、
「マラウイ人が自分の頭で考えないから」
だと最近感じています。

ここで具体例を1つ挙げてみます!
○マーケットで物を売る人たち
マーケット野菜
野菜、雑貨、電化製品、チテンジ、掃除道具、服、バケツ・・・
マーケットに行くと色々な物が買えます。

ただ、大体どこの店でも売っているものは同じ。
値段も同じ。
しかも同じ野菜を同じ値段で隣同士で売っていたりする。

・・・なんで?

同期から聞いた話で、揚げたチップスを隣同士で同じ値段で売っている人がいて、
同期:
「なんで隣と同じものを売るの?
 例えば、チリを加えて少し辛めの味にしたり、BBQ味の物も売ったら隣よりも
 売れるんじゃないの?」

マラウイアン:
「確かに。売れると思う。いいね、それ!」
という会話をして、数日経ってからその場所を通ってみると
前と同じ場所で全く同じ様に売っていた・・・。

うーん、残念。
何も考えずにやっているようです。

○付加価値をつける、試行錯誤する
同じ様に感じた先輩隊員が、トマトを売っている女性に対して
他の人と違いを作るためにトマトソースを提案しました。
提案して、一緒にやろうとなるとマラウイ人も動いてくれるようです。

そこから、

自分で工夫する→上手くいく(or失敗する)→
もっと改善できないかと自分で考える→工夫する


といったサイクルが生み出せて、マラウイ人が自分達で工夫ができるようになると、
マーケットの店にもっと多様性が出てくるのかなあと思います。

自分で考えない原因は何か?

考える
私が考える原因は二つ。
【援助慣れ】と【家庭教育】です。

○援助慣れ
マラウイは世界最貧国の一つです。
国家財政のうち、なんと40%(!) が海外からの援助で賄われています。
参照:外務省 海外安全ホームページ

『自分たちは貧しいから裕福な国の誰かが何とかしてくれる。』
そんな考えがまかり通ってしまう国家財政の下でマラウイ人は育っているのです。
先進国はサポートしようと資金援助をしていても、
マラウイ人が自分の頭で考えない習慣を助長してしまっていると言えるのでは・・・。

実際、
「ヘイ、ボス。ギブミー100クワチャ。朝から何も食べてなくてお腹すいたんだ。」
とか、単刀直入に
「ギブミーマネー!」
とか、よく言われます。
(今までは笑ってNoと言ってきましたが、
最近は腹が立ってしょうがないです。笑 なんでそんな事が平気で言えるのかと。)

○家庭教育
前回のブログでも書いてみました。
途上国の『教育』の向上のために考えなければいけないこと

学校教育に入る前の家庭の段階で、自分で考えさせる教育ができていない。
家庭教育という概念がないことが大きな問題だと思っています。

それぞれの『活動』という手段を通じて、
『自分で考えさせる習慣をつける』という目標を達成する

トマトソースの活動の例で挙げた先輩は、こう考えていると話してくれました。
すごく良いと思ったので、私も真似します。

というか、
マラウイにおける青年海外協力隊の活動の本質ってこのことなのかなあと思います。
マラウイという国が自律して自分の頭で考えられるようになったら、
その先に国家の発展があるはず。




以上、マラウイが発展しない理由は、
『マラウイ人が自分の頭で考えない事』。
その根本には、
【援助慣れ】と【家庭教育の不十分さ】という問題があると考えています。
いかがでしょうか・・・?

ちなみに、
同期のかつろうくんがブログでマラウイが貧しい理由をまとめています。
分かりやすいので、よろしかったらこちらもご覧ください!
かつろうのカツカツ日記 マラウイが貧しい10の理由


本年もどうぞよろしくお願いいたします^^

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
34:新年あけましておめでとう by ぶち姐(赤ベコ) on 2014/01/07 at 22:48:03 (コメント編集)

新年あけましておめでとうございます。
任地の年越しはいかがでしたか?

マラウィだけでなく、いろんな国で
民間進出の可能性を探っています。
公文式しかり。ベネッセしかり。
文房具屋さんやらいろいろと。
そのほかいろんな日本の実績。

アフリカやマラウィの現状を
わかりやすい言葉で情報発信してくださることに
感謝。
またおじゃましますね。

今年もよろしくお願いします。


35:Re: 新年あけましておめでとう by 橋本裕保(はしもとゆうほ) on 2014/01/09 at 04:54:50

明けましておめでとうございます。

任地の年越しは、あまり年が明けるという感じがでませんでした。
ただ、日本がとても恋しくなりました。

日本のODAと民間の連携、ぜひとも進めていってほしいと思っています。
まだまだ勉強不足ですが、引き続きブログを通じて発信していきたいと思います!

本年もよろしくお願いいたします。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。