FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

幸せの基準

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
今日、初めてマラウイ人のことを「かわいそう」だと思った。


・・・
「俺は金持ちになった。でもマラウイ人は信用していない。だから友達はほとんどいない。」
私の家のオーナーが言った言葉です。
この言葉を聞いて、オーナーのことを「かわいそう」だと思いました。

「かわいそう」と言うと誤解を招いてしまいそうなので、
オーナーの発言の背景などから書いていきます。

任地のルンズという町
パトランプ
ルンズは物騒な町
背景の一つとして、住む町の紹介から。
ルンズはボトルストア(飲み屋)が多く、マラウイの中でも物騒な町として有名です。売春婦が多く、HIV/AIDSが蔓延している地域だとも言われています。

先週土曜日、中国人が経営する雑貨屋で集団強盗事件が起きました。
中国人オーナーが銃で2人の強盗を射殺したそうで、
今週は誰と話してもそのことが話題に上がりました。
(強盗よりも中国人が怖い・・・。)

ルンズは『マラウイの歌舞伎町』だとか、
『眠らない町、ルンズ』と名付けた人がいるとかいないとか・・・。

家の場所を言うと、「ビール好きなの?」とほぼ必ず聞かれる
私の家はRoad Houseという建物の敷地内にあります。
「どこに住んでるの?」
と聞かれて、「Road Houseだよ」と答えると、ほぼ必ず
「じゃあビール好きなの?」
と聞かれます。

私はビール派なので、今までは
「なんで分かったの!?ビール好きだよ!!」
くらいの反応しかしていなかったのですが、そう聞かれる理由が分かりました。

Road Houseは、かつてルンズで一番大きな酒場だった
オーナーにそのことを話してみると、
かつて、ここは大きな酒場(兼ホテル)だったことを話してくれました。

敷地内に4つくらい店があって、
ディスコやら食堂やら大きな駐車場などがあったそうです。
踊り子の女の子が泊まる個室や、客が泊まる宿もあった。

オーナーは、約20年前からRoad Houseの経営を初めて、
約10年前くらいまで経営していたとのこと。
今は、敷地内を改装して普通の住居やらメイズ畑になっています。

LunzuのRoad Houseと言うと、
10年以上前にマラウイに来たことがある外国人ならば誰もが知っているらしい。
特にイギリスでは有名とのこと。
(ホント??)

オーナーは裕福で幸せそうな家庭も築いている
家族
オーナーはお金持ち
Road Houseを閉めた後、敷地内の建物を住居に建て替えて不動産業をしています。
我が家の家賃は月5万クワチャ(約1万2500円)。
敷地内に3家庭住んでいるので、家賃収入は月15万クワチャ(約3万7500円)。

それ以外の場所でも家を貸していると言っていたので、それ以上の月収があるはず。
(参考までに、私が雇っている警備員の月収は約2万クワチャ。)
Road Houseの経営といい、頭が良く商才のある人なんだなあ・・・。

お金持ちは狙われる
貧しいマラウイ、物騒なルンズ。
ルンズに住んでいる金持ちは必然的にターゲットになりやすい。
冒頭で紹介した中国人雑貨店襲撃事件も然り。

そんな地域に長く住んでいると
「誰かが俺の資産を狙ってくる。周りの人間を信用できない。」
と思うのは必然かもしれません。

そういった話の流れで、冒頭のオーナーの発言が出ました。
「俺は金持ちになった。でもマラウイ人は信用していない。だから友達はほとんどいない。」

そして、私はそんなことをさらっと言うオーナーを
「かわいそう」
だと思ってしまいました。

お金もあるし、家庭ももっているオーナー
ただお金があるだけでなく、彼には奥さんも子どもいます。
友達はそんなに多くないかもしれないけれど、客観的にみると幸せそうな家庭を築いています。

本当にオーナーは「かわいそう」なのだろうか?

幸せって何?
001640.jpg
幸せの基準はお金?家庭?友達の数?
オーナーをかわいそうだと思ったことを振り返って分かったのは、
私は
幸せの基準としてお金が重要だと考えていない
ということ。

そして、オーナーは
幸せの基準としてお金が重要だと考えている
ということ。

私は「かわいそう」という言葉が嫌いです。
「かわいそう」と言った瞬間に、相手が完全に他人になってしまう気がするから。
「かわいそう」という言葉に、【自分との関わりを切り離す】というニュアンスを感じるから。
オーナーと話していて「かわいそう」だと思った自分がとても嫌になりました。

でも、話していて率直にそう思ってしまったのだから仕方ない。。



このまま、オーナーを「かわいそう」だと思うのは、
【幸せの基準はお金じゃない】
という私の価値観を押し付け続けることだと思います。

だから、もう「かわいそう」だとは思いません。
オーナーは「かわいそう」なのではなく、
私とは違う価値観を持っているだけだから。


それに気づけて良かったと思うことにします。


何だかまとまり切らない感もありますが、お読みいただきありがとうございました!!
みなさんの幸せの基準は何ですか・・・?

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。