FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
38:あるある。よくある。 by ぶち姐 on 2014/02/06 at 22:41:47 (コメント編集)

こんばんわ。
ぶち姐@NTCです。

[単なる<雇う>、<雇われる>という関係でなく、一人の人間として、信頼関係を築くことに挑戦]
なかなかうまくいかないなかでも、
こういう考え方って、前に踏み出す一歩になると思います。

しかし、ヨルダンでも、あるある・・・。

39:Re: あるある。よくある。 by 橋本裕保(はしもとゆうほ) on 2014/02/14 at 07:32:14

ぶち姐さん、いつもありがとうございます。
どこの国でもある悩みなんですね。

最近、夜の警備員が少し真面目になった気がします。
昼の警備員は全然ですが・・・。笑

長い目で見つつ、関わり方を模索してきます!!

給料を払った分働かせるのは当たり前?警備員とのかかわり方

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
「どうしたら彼らはきちんと働くのだろうか?」
前回のエントリで警備員に対する愚痴をこぼしてしまいました。
活動が進まないもどかしい一週間 ~マラウイ生活18週目~

頭を悩ませている時に読んだのが以下の対談。
都知事選に立候補している家入一真さんの対談記事からの引用です。

当然といえば当然ですけど、リストラを告げると、スタッフは誰もが怒り出すんですよ。
でも、僕にはピンとこなかった。
僕は彼らに給与を払って、彼らはその分だけ働く、
という対等な関係が成り立っていると思っていましたからね。

お金で人を雇っていると、
「僕が君にこれだけ払っているんだから、少なくともその金額分は働いてくれよ!」
という気持ちになってしまいますよね。
でも、リストラを通じてその関係の危うさに気づいた。それで、
「僕が君にこれだけしてあげたんだから、次は君が誰かのために何かをしてあげなよ」
というスタンスに変わっていったんです。
ある意味、僕の心の中で吹っ切れたんですね。
すると、それからは人間関係でしんどい思いをすることがなくなりました。

経営者と従業員の関係は「庇護」か「対等」か?「お金による繋がり」へのスタンスはそれぞれ異なる(ダイヤモンドオンライン)
互いに納得できる人とのみ依存しない関係を築いて新しいことにどんどん挑戦する仕組みをつくる(ダイヤモンドオンライン)

これを参考に、警備員とのかかわり方を見直してみました。

いまの問題点(ストレス)
私の家には警備会社から警備員が朝(6:00~18:00)1人、
夜(18:00~6:00)2人派遣され、警備してもらっています。
何に対してストレスを感じているのかというと、その勤務態度。
・時間通りに来ない
・勝手に早く帰る
・勤務時間中にいなくなる
・勤務時間中に寝る
・勤務時間の虚偽の報告をする
・無断欠勤する

などなど・・・。
書き出してみるととんでもないなあ。笑
何度注意しても直らないので、非常にストレスになっているわけであります。。

警備会社の管理体制もずさんな様で、警備員を変えてもらう事はできても、
彼らの勤務態度を変えることは会社には期待できないなあという状態です。


ストレス
お金を払って、その分働くのは当たり前だけど・・・
「プロフェッショナルとして信頼するから、プロとして仕事をしてね」
と警備員に伝え続けました(彼らも自分で警備のプロだと言っています)。
でも、その30分後には寝ている・・・。

『給与を払っているのだから、その分働くのは当たり前』
だと思っています。
しかし、それではマラウイ人には通用しないのかな・・・と思っていたところで、
冒頭の家入氏の記事を読みました。

「僕が君にこれだけしてあげたんだから、次は君が誰かのために何かをしてあげなよ」
というスタンス

というところで、とても衝撃を受けました。
で、やってみよう!と思ったわけです。

きちんと働いてもらうために、私に何ができるか
とりあえず、警備がしやすい環境を整えてあげようと思います。
・イスを用意する
家の前で警備をするには、地面に座るか、立っていないといけません。
疲れてくると、家の隣にある物置小屋の中で横になってさぼる・・・。
というパターンになっているので、安物だけどイスを買ってあげようと思います。

・食事を気にかけてあげる
彼らの勤務時間は12時間。
何か食べるもの持ってきているのかと聞くと、「No」と答えます。
毎日、勤務中は何も食べずに働いていて、「お腹すいた」と、たまに訴えられます。
「給料を払っているんだから空腹は我慢しろ!!」
と思ってましたが、さすがに12時間はかわいそう・・・・。
ということで、たまにクッキーやら軽食を差し入れてあげようと思います。
あくまでも【たまに】の予定ですが。

今のところ、浮かんだアイデアはこの2つでした。
他にもできることを考えつつ、彼らと関わってみようと思います。

いつまで続けれるか・・・
現段階で非常にストレスを感じているので、
私自身の行動を変えようと思ってもいつまで続くか分かりません。
気持ちに余裕がないとできないでしょう。

もし警備員が、「やってもらって当たり前だ!」
みたいな態度をとったら、キレてしまうかもしれません。笑

単なる<雇う>、<雇われる>という関係でなく、
一人の人間として、信頼関係を築くことに挑戦してみようと思います。

うまく行くのか、行かないか、またブログで報告していきます。
ご期待(?)ください。

ストレスのため過ぎには気を付けましょう!
ではでは!!

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
38:あるある。よくある。 by ぶち姐 on 2014/02/06 at 22:41:47 (コメント編集)

こんばんわ。
ぶち姐@NTCです。

[単なる<雇う>、<雇われる>という関係でなく、一人の人間として、信頼関係を築くことに挑戦]
なかなかうまくいかないなかでも、
こういう考え方って、前に踏み出す一歩になると思います。

しかし、ヨルダンでも、あるある・・・。

39:Re: あるある。よくある。 by 橋本裕保(はしもとゆうほ) on 2014/02/14 at 07:32:14

ぶち姐さん、いつもありがとうございます。
どこの国でもある悩みなんですね。

最近、夜の警備員が少し真面目になった気がします。
昼の警備員は全然ですが・・・。笑

長い目で見つつ、関わり方を模索してきます!!

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。