FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4: by 九州のおばちゃん on 2013/07/01 at 19:12:49

研修頑張っておられる様で応援してます。
我が家は今日、娘が2年間の任期を終えタンザニアから帰国しました。長かったような、短かったような気がしますが、昨年の秋 思い切って隊員家族の視察の旅に参加してタンザニアに行きました。今ではアフリカが懐かしい気持ちです。娘はこれからの進路をあれこれと悩んでいるようですが、経験を活かすのも新しい事に挑戦するのも 親としては見守るだけです。研修と任地での活動が充実して楽しい事を祈ってます。

5: by ゆうほ on 2013/07/02 at 01:43:54

コメントありがとうございます!
とても嬉しかったです!!

娘さん、無事に戻られて何よりです。
九州のおばちゃんさんの様な母親に支えられて、娘さんは幸せですね。

私の母親も見守ってくれているので、せめてもの親孝行として無事に帰ってきたいと思っています。
今後もブログを通じて活動の報告をさせていただきますね。
ありがとうございます!!

アジア学院で学ぶ3つの『国際感覚』

2014年4月1日より、移転しています!新ブログはこちらから↓
現在、学校法人アジア学院というところで、3週間農業の研修受けています。

アジア学院ではアジアを中心に世界各国から農業の研修生を受け入れ、農業の技能と経験を身に付けてもらいます。
研修生が国に戻り、地域のリーダーとしてアジア学院で学んだことを国に還元してもらおうという研修施設です。

アジア学院に来て早2週間、今回はここに来て感じた3つの『国際感覚』について書いてみます。

e855e60f3c687d96c4059cb1ba435527_m.jpg


①世界が身近に!
2013年度は16ヶ国から31人の学生が学んでいます。
アフリカから来ている人も多く、日本からは遠い国々が一気に身近に感じます。
日本にいながらこれだけ多くの国の人と関われる機会は、中々持てないのではないでしょうか。
ちなみに、私が赴任予定のマラウイからは3名の学生が来ています。
マラウイが身近になりました!

②宗教が身近に!
ほぼ全員が何かしらの宗教徒で、学院内ではキリスト教を基本にしています。
朝のお祈り、食事の前の讃美歌斉唱・お祈り、日曜日の教会訪問など、日々の生活の中で感謝の気持ちを捧げることが普通になっています。
ここの学生と話していると、「あなたの宗教は?」と良く聞かれたりします。
宗教に馴染みの薄い日本人にとっては、中々答えづらい質問ですね。
もしあなたが質問されたら、どう答えますか?

神の様な偉大な存在に対して感謝する気持ちが自然と身についてきた気がします。

③コミュニケーション力
学院内では英語が共通言語です。
しかし、ここで身につくのは、「英語力」でなく「コミュニケーション力」です

人とコミュニケーションする時に、大事なことって何でしょうか?
私は、一つは「相手を知りたいという気持ち」だと思います。
英語が話せないにしても、単語や表情、仕草で大体伝えることができます。
すれ違う時に、言葉はなくてもニコッと笑うだけでもいいんです。
コミュニケーションを取り続けるうちに、結果として少しずつ英語力も身についてくるのだと思います。

コミュニケーション力を付けられれば、たとえ言葉が通じない国に行っても大丈夫!(多分・・・)

__.jpg
マラウイ人学生からマラウイ語(チェワ語)を教えてもらってます。


アジア学院は、「国際交流」、「農業」というキーワードをお持ちの方には絶好の場所です。
このような研修の機会が得られたことに感謝です!!
あと1週間、精一杯学んで帰ります!

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
↑もしこの記事に共感いただけましたら、
上記ボタンのクリックをお願いいたします(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4: by 九州のおばちゃん on 2013/07/01 at 19:12:49

研修頑張っておられる様で応援してます。
我が家は今日、娘が2年間の任期を終えタンザニアから帰国しました。長かったような、短かったような気がしますが、昨年の秋 思い切って隊員家族の視察の旅に参加してタンザニアに行きました。今ではアフリカが懐かしい気持ちです。娘はこれからの進路をあれこれと悩んでいるようですが、経験を活かすのも新しい事に挑戦するのも 親としては見守るだけです。研修と任地での活動が充実して楽しい事を祈ってます。

5: by ゆうほ on 2013/07/02 at 01:43:54

コメントありがとうございます!
とても嬉しかったです!!

娘さん、無事に戻られて何よりです。
九州のおばちゃんさんの様な母親に支えられて、娘さんは幸せですね。

私の母親も見守ってくれているので、せめてもの親孝行として無事に帰ってきたいと思っています。
今後もブログを通じて活動の報告をさせていただきますね。
ありがとうございます!!

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。